「稼げるSNS」「稼げるメディア」の情報商材を購入する前に、まずは分析を

閲覧数:135 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
生活・暮らし

みなさん、TsuというSNSをご存知でしょうか?

広告収入が山分けできるSNSが登場。tsu(スー)

みなさん、テラトピというキュレーションメディアをご存知でしょうか?

また新しい稼げるサイト(?)「テラトピ」が登場。怪しくないか色々調べてみた

これらは、儲かるメディアと話題になったSNSとキュレーションメディアです。きっと情報商材や管理ツールを購入された方もいらっしゃるかとは思います。では、現在、これらのメディアがどのような状況なのかを調べてみました。

Tsuは完全に伸びがストップ、報酬を実際に受け取った方は未確認

Tsuがどうなったかは数か月前に調べました。

流行ると言われたSNSは流行る事なく終わるかな「Tsu」

それでは現在のTsuのアクセス状況です。

SimilarWeb アクセス統計

SimilarWeb アクセス統計

毎月、Tsuのアクセス状況は見ていますが、下降していくばかりです。以前の記事にも書きましたが、実際に報酬を受け取ったという方は果たしているのでしょうか?僕はTsuがリリースされた直後には登録しているのである程度、最初の状況はしっていますが「Tsuは稼げるぞ」と引っ張ってきた先導者のみなさんはもうTsuをやっていないですよ…

今、残っているユーザーは単純に「Tsu」というSNSを楽しんで使っている方くらいではないでしょうか。最近の記事でも、まだtsuのSNSの利用者が急増していますとかそういう事を書かれている方もいますが、数値的にこれが現状です。

もう、サービスが開始されて半年以上たちます。なぜ、だれも報酬を受け取ったと書かないのでしょうか?きっと誰も儲かってない(実際に受け取っていない)からです。子ユーザーを引き込むのであれば、実際に受け取りましたと書いたほうが引き込めるのに、実際にネットにそのような情報が書かれていないのは書けない事情があるからだと思います。

もちろん、お金目的がメインでなければSNSをやるのは全然よいと思いますが、情報商材を購入してまでやるもんじゃないです。少なくとも日本語版がリリースされない限り、Facebookなどの大手SNSから一般ユーザーが流れてくることはないです。

テラトピも怪しい雲行き

筆者はテラトピをやっていないので、まったく内部状況が分からないので、まずはアクセス統計です。

SimilarWeb アクセス統計

SimilarWeb アクセス統計

こちらも、アクセスが低下してきました。で、テラトピをやっている方のブログの記事です。

【悲報】テラトピで換金申請しても換金されない問題 | さらまんだー

そして、私もポイントが貯まっていたので、換金申請をしてみました。しかも、一度は換金ができた口座情報で実施したのですが、換金できないっぽいです。。。そして、この事については、お問い合わせから連絡をしてみましたが、音沙汰がありません。

ダメじゃん。仮にも管理ツールを使用する場合はお金を払う必要があるサービスでしょうに、これはちょっと…本当に不明なのが

  • なぜ、運営会社のサイトがnoindex(検索サイトに引っ掛らない設定)なの…?
  • 運営会社のサイトに代表取締役が記載されていないのですが代表取締役はどなたなのでしょう…?
  • 運営会社がある香港のGRAND TOWERってGoogle Mapで「閉鎖」って書かれているんですけど…

これは、あくまで僕の個人的な意見なのですが、運営会社の詳細が分からないところにお金や個人情報は渡すべきではないと考えています。管理ツールや情報商材を購入してまでやるものではないと思いますが。

これらの事例から考えてみてほしい事

今後、「稼げるSNS」だの「稼げるメディア」などが出てきても試してみるのはいいかもしれません。確かに魅力的なシステムだとは思います。

問題はこれらの情報商材や管理ツールを購入された方です。購入するという事は当然、お金儲けが目的なはずです。そして情報商材や管理ツールを購入するということは購入金額より儲ける必要があります。そうでないとこれらのメディアで数千円のお金が稼げたとしても、トータルで考えると赤字です。黒字にできたらもちろんOKなんですけどね。

情報商材の内容が今後の仕事に活かせるような内容であればよいのですが、これらの情報商材や管理ツールはそのメディアにしか使えない内容でしょう。メディアからユーザーが離れる前に稼がないとまったく無意味なものになってしまいます。ツールを購入して利益を得ることができるのかの判断を購入前にある程度つけておかなければ、稼げるメディアどころか、うん十万損した形で結果、何も残らないです。

きっと、また数年後に同じような稼げるという新たなメディアが生まれると思います。その時は、数年前にどのような事例があったかをしっかり分析してから、情報商材の購入を考えられてみたほうがよいと思います。

これから登録しようとしている方、そして数年後にこの記事を閲覧される方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク