ネットワークビジネスとは?勧誘を何回も受けた人間が語る意見

閲覧数:25,852 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
生活・暮らし

みなさんは、ネットワークビジネスの勧誘を受けたことがあるでしょうか。 筆者は、実は過去に5回以上はネットワークビジネスの勧誘を受けたことがあります。 今回は以下の章立てでお送りします。

長くなりますが、お付き合いくださいませ。

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスとは、人と人のつながりによって商品の流通を発生させていくという、「連鎖販売取引」のことを言います。 「ネットワーク」と聞いてインターネットを想像される方もいらっしゃるかも知れませんが、インターネットを使った商法ではありません。インターネットをつかったビジネスはインターネットビジネスといいます。かなり簡潔に説明すると、自分の下に子会員が沢山増えるとその分儲けられるという仕組みです。 尚、「ねずみ講」と似ては比なるものです。 「無限連鎖講」、いわゆる「ねずみ講」は法律で禁止されています。

目次へ戻る

ネットワークビジネスの勧誘方法

まずは簡単なところから周りの友達への勧誘から始まることが多いです。 それでは足りないので大人数がいる場所(パーティ、飲み会など)で新しく会員に勧誘できる人を探すことになります。 いきなり、ネットワークビジネスの勧誘をされることはまずありません。後述の章

で勧誘時の行動を紹介しますが、少しずつあなたの心に入り込んできます。 仕事で悩んでいる時を狙ったかのように、勧誘の話が舞い込んできます。 もちろん仕事、人生について悩ませるように会話をつくっていきます。 さすがプロです。 ちなみに今はインターネットを使用した勧誘というのもあるみたいです。申し訳ありませんが、そこは詳しくありません。

目次へ戻る

ネットワークビジネスに勧誘された場面

筆者が実際にネットワークビジネスに勧誘された場面です。

  • 【Case1】 友達が直接家にきた(1回だけ)
  • 【Case2】 街かどアンケートに答えて、後に電話がかかってきた(1回だけ)
  • 【Case3】 パーティ会場で知り合った方から後に勧誘された(残り全て)

この3つのパターンでした。 友達が直接きた場合と、街かどアンケートの場合はすぐに勧誘されました。 パーティ会場の場合は何点か勧誘パターンがありました。

目次へ戻る

ネットワークビジネスの勧誘されるまでの道のり

前章で述べた「パーティ会場で知り合った方から後に勧誘された」時に筆者と友達がどのように勧誘された(されかけた)パターンを挙げます。

尊敬している人がパーティを開くから来てと誘われる

「尊敬する人がいる。是非その人がホームパーティを開くので来てほしい」といわれて行ってみたら、どえらい豪邸につれていかれました。 後に知りましたが、実はネットワークビジネスのお偉いさんがやっているパーティで、もちろん誘ってくれた本人さんもネットワークビジネスをやっている方でした。 ここで直接勧誘された訳ではありませんが、僕の友達に勧誘のお誘いがいってしまいました。

おもしろいセミナーがあるので来て見ない?

誕生日会で「おもしろいセミナーがあるので是非きて」といわれました。 セミナーに参加する2日前くらいに、電話で直接「ネットワークビジネスのセミナーか?」と聞いたら言葉を濁して「はい、そうです」と答えられました。

直接電話で是非紹介したい人がいると言われる

「夢」があるかといろいろ聞かされた後に、「是非会って話しを聞いてもらいたい人がいる」といわれて、ネットワークビジネスの話だろうとは思って行きましたが、まあそのとおりでした。 ここで全て共通なのは実際に行くまで「ネットワークビジネスの話」ということはこちらが聞かない限り伝えられません。 パーティで知り合った方で筆者が実際にネットワークビジネスの勧誘から詳しく仕組みまで聞いたのは【Case3】のみとなります。

目次へ戻る

「これは勧誘かも?」と疑える行動とは?

ネットワークビジネスを勧誘してきた方の主な行動です。 なお、これらの行動は知り合って間もないのに行われる行動です。

やたら短いスパンで食事に行こうと言われる

少しずつ自分の信頼度を上げる為です。信頼している人間と、あって間もない人間から 「ネットワークビジネス、やらないか?」 と言われるのでは雲泥の差があります。あと何か発言するたびに褒められます。

パーティを何回も開いて、その都度たくさん友達を連れてきてといわれる

新しい会員を増やす必要がありますからね。実際に僕の友達が勧誘されてしまいました。

「金持ち父さん 貧乏父さん」という本を強く勧められる

これは有名な話です。この本はネットワークビジネスをやっている方のバイブルだからです。

「夢」と「人生」と「仕事」について熱く語られる

「将来の夢ってある!?僕はある!!…(省略します)」 「今の仕事に満足してる?でもそれを選んでいるのは自分やで」 とあって間もないのにそういう話になります。やたら人生や夢について語られます。 これらの言葉は好きです。ですが、何年も連れ添った友達にいわれたらぐっと来ますがあって間もない人に言われましても… 余談ですが、僕の生き方は「適当に自分がやりたいように人生生きる」です。 なので僕の夢はころころ変わります。きっとネットワークビジネスをやるには向いていません。

目次へ戻る

実際にやっている方、やっていた方の声

僕の友達で実際にネットワークビジネスをやって確かに成功した人も知っています。 成功された方は確かにお金をもっています。 しかし辞めた人の方が多いですし、あまりよいお話を聞きませんでした。 自分のランクを維持するためにありとあらゆる手段をつかい、自分で商品を購入し借金をしてまでランクの維持を行い、結局破綻したという話は何回も聞いたことがあります。

目次へ戻る

実際に説明を受けたときの話

何回か説明をうけた事がありますがすべてが共通だったのは、説明される方は必ずブランド物をガチャガチャつけた状態(※1)で登場します。 「ネットワークビジネスやっている = お金が稼げる」という印象をつける為です。 そういえば昔どこかで聞いた話ですが、外車に乗ってきて登場したのはいいけどナンバーが「わ」ナンバー(レンタカー)だったことがあるそうです。これは少しツメが甘いと思います。 それと、1対1の会話にはまずなりません。 1対2の状態で話すことになります。この際に「アップ(※2)」が横について説明に入ります。 2人からいいよられるので意思が固まっていない人であれば、「やろうかな」といってしまいそうな状態になります。まさに心理戦です。

(※1)僕の周りで本当にお金をもっている方はジャージで行動したりとか、軽自動車にのって登場します。

(※2)勧誘を進めてきた方より先に同じネットワークビジネス会社に入会した先輩会員さん

目次へ戻る

筆者の「ネットワークビジネス」への正直な意見

やってられる方やビジネスモデルについて特に否定するつもりは全くありません。実際によい商品もあるのでしょう。あの「ミキ・プルーン」で有名な三基商事だってネットワークビジネスです。 ですが、筆者はネットワークビジネスの勧誘のやり方がいまいち嫌いです。 勧誘目的で近づいてきたのであれば最初から「ネットワークビジネス一緒にやりませんか?」といってほしいです。

  • 自身がネットワークビジネスをやっていることを直前まで隠して近づき、人の心に入り込むフリをする
  • ネットワークビジネスに興味がない事がわかった瞬間にすぐに離れていく

こういうやり方をする人が多いのが嫌です。 仕事について散々悩ませるような言葉を発しておいて、いざ「やらない」と分かったらそこで終了。 こういうことをされると「人」を「お金」としか思っていないように思えて仕方がないです。

目次へ戻る

ネットワークビジネスの勧誘を事前に防ぐには?

連絡先を書かなければならないような街かどアンケートに答えない

勧誘だけとは限らず、むやみに個人情報はさらさないほうが吉です。 田舎からでてきた当初の僕はこれに引っかかりました。

主催者のことがよく分からないパーティ、飲み会には行かない

もし勧誘されたとして断る自身がない人は最初から行かないほうがよいです。 主催の方がネットワークビジネスをやっている方であれば、参加者もネットワークビジネスをやっている方が何人かいる可能性大です。うまい具合に丸め込まれてしまいそうな気がします。

他愛もない会話の中で興味がないと言うことを伝える

「最近ネットワークビジネスの勧誘よく受けるんだけど、あれまったく全然興味ないわー」 とさらっと会話に織り交ぜればよいです。 「先に伝えておく」という点と「よく受けている」というところがポイントです。 まず先に伝えておくことで「ネットワークビジネス」について多少知識がある人間だと認識させます。 さらによく勧誘の話を受けているがまったく興味がないので断り続けているということを認識させます。 これだけで勧誘のやってくる可能性はぐっと下がります。実際に下がりました。 これは勧誘する側からしてもしてもメリットだと思います。 勧誘側もまったく興味がなく意思が固い人間に対して時間を割くのは無駄なことだと分かってますから。

目次へ戻る

まとめ

どんなに事前に防いでも人と沢山あう機会が多い場所にいけば、きっと一度はネットワークビジネスの勧誘話がやってきます。 あなたがネットワークビジネスに少しだけ興味がある程度なのであれば「はっきりと断りましょう」 これが大事です。興味本位で手を出すことではないと思います。時間と労力の無駄でさらに友達を失います。 「何を犠牲にしてでも本気でネットワークビジネスだけで飯をくっていく」 くらいの覚悟でなければこれらの類の仕事はきっと失敗します。そして失敗した時の代償がでかいです。 といっては見たものの僕自身が実際やってみたことがないのでどのうような結果になるかは分かりませんがね…

目次へ戻る

さいごに

いかかでしたでしょうか。今回は筆者が実際に勧誘を受けた経験を基にしてネットワークビジネスについて語ってみました。 まあ、結局のところ「やるか、やらないか」の判断をするのはあなた次第です。 そして、相手の意見にながされたままやったとしてもそれは自分の意思ではないので、きっと失敗します。 参考になりましたら幸いです。

目次へ戻る

スポンサーリンク

2 thoughts on “ネットワークビジネスとは?勧誘を何回も受けた人間が語る意見

  1. ネットワークビジネスの説明が分かりやすいっす。
    凄く勉強になりやした~。
    たむらさん、ありがとう!

    • 参考になってよかったです♪
      僕はもうパーティに全然参加しなくなったので、ネットワークビジネスの話が全くやってこなくなりました(笑)
      人が多いところにいくと、勧誘に遭遇する可能性が高くなるので、気を付けてくださいね^^