分からないから諦めるのではなく、やりながら覚えていけばよい

閲覧数:476 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
生活・暮らし

  • 「興味はあるけど自信がないからやっぱり止めておこうかな…無理な気がする」
  • 「仕事を辞めて独立したいけど、まだ知識が足りない…行動を起こすには早すぎる」

何か新たな事に挑戦する時は、どうしてもこのように考えがちですよね。
ですが誰しも最初から全てを理解する事など出来ません。どんなことでもやりながら覚えていけばいいのです。

筆者も色々と失敗してきている


失敗してへこんている男

例えば、このブログの当初の投稿でカーシェアリングについて書いた記事がありました。
この記事はみなさんに

「レンタカーを借りるのは手続きが面倒だし、ちょい乗りくらいであれば車を買うよりも維持費がかからないのでお得ですよ」

ということを伝えたくて書いた記事なのですが、残念ながら沢山の方の目に入ることはありませんでした。技術面的な事も含めて適切な書き方が出来ていなかったです。
ですが、これはこれで面白いですし筆者の思い出ですので残しておきます。機会があれば「最新の情報で見てもらえるような書き方」で新しく投稿します。

つまり「失敗」を経験することで「学ぶ」ことができます。

やらなければ何もはじまらない


これから挑戦する男

このブログもやりながら気が付いたことなのですが、

  • ジャンルはやっぱり絞った方がよかったな
  • この書き方は適切ではなかったな

と思うことがあります。ですがこれもやってみて分かったことです。それと共に改善も行っています。
ネットで情報を集めても、それはひとりの人間が書いた事なので数学の計算式みたいに「これが正解」ということはないです。
情報を集めるだけ集めても、行動を起こさなければ何も始まりません。

少なくとも、まったく分からない状態で始めようとはあなたも思っていないはずです。
これからやるべき事について、ある程度情報を集めたのであれば行動を起こすべきです。全部調べだしたらキリがないですよ。

さいごに


挑戦を踏みとどまっている方へ。別に命がとられるわけではありませんし、人生は一回しかありません。
躊躇して時間を無駄にしてしまうよりかは、行動を起こして色々と学んでみればいいと思います。
あなたがこれから挑戦しようとしている事が成功することを祈っています。

スポンサーリンク