【流行りポーズまとめ】アヒル口?ちゅん顔?虫歯?ハムハム?ややこしいので歴史をまとめた

閲覧数:12,634 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
流行

ここ数年でいろんなポーズが生み出されました。「アヒル口?」「ちゅん顔?」「ハムハムポーズ?」流行りのポーズの名前が沢山あり過ぎて、混乱しちゃいますよね。

よく分からんので歴史をまとめてみた

ここでGoogle先生に年代別で流行った順を教えてもらいました。Googleで検索するのは筆者の得意分野ですからね。では、時系列で簡単に歴史をお話ししていきます。

アヒル口 (2010~)

アヒル口

アヒル口とは、唇が前に突き出し口角がキュッと上に挙がった口元のことです。この言葉自体は、1990年代に入ってから作られた言葉であり、元々アヒル口は「男子にこびている」というマイナスイメージとして取り扱われることが多かったですが、2009年の11月末に人気ブロガーのあるまつゆうさんが、Twitterで「アヒル口」の顔写真に変更したことをきっかけに「アヒル口 = かわいい」となり、2010年にかけて一気にブームが到来です。書籍も出版されています。

よく自撮りでわざと口角を上げ口元をとがらせてアヒル口を作る人やっている人を沢山見ましたので、実際に流行ったといえるでしょう。最近はやる人あまりいないですね。そろそろ終焉を迎えようとしています。

てへぺろ (2011~2012)

てへぺろとは、「てへっ」と笑い舌を「ペロっ」と出してごまかすポーズです。元々は声優の日笠陽子さん発の言葉であり、2006年~2007年に生まれました。実際に流行りだしたのは、2011年になりAKB48の渡辺 麻友さんやバラエティタレントがよく使用するようになったのがきっかけ。女子高生の間でよく流行ったと言われています。「GRP AWARD 2011 ギャルの流行語」では2位にランクインしています。

2011年~2012年は「てへぺろ」が流行りました。テヘッと笑ってペロッと舌を出す仕草。 声優の日笠陽子さん発の言葉です。2012年には女性誌にも進出し、例えば、 Seventeen4月号では表紙に「春おしゃHIT服でてへぺろ~」と大きなコピーが見られます。 他の女性誌でもテヘッと笑ってペロッと舌を出す仕草をした写真をよく見たものです。 さらに「フンべろりぃ」というてへぺろの男性版も登場したのですが、 それも話の本筋ではないのでスルーしておきます。 出典:「アヒル口」「てへぺろ」の次は「ちゅん顔」が流行る!? | Fashionsnap.com

これも流行ったといって言いでしょう。筆者ですら「てへぺろっ」って言って舌を出していましたから。プリクラでも下をペロっと出した写真がGoogle画像検索で沢山でてきました。もう写真を撮るときにこのポーズをやっている人いないでしょう。すでに流行り切ってしまったポーズですね。

ちゅん顔 (2013 2月)

ちゅん顔とは目をぱっちり見開き、口はちょっと開けるというスズメをイメージしたポーズです。月刊女性ファッション雑誌「AneCan」が流行りを提案しており、ブームになると言われていました。 ちゅん顔 出典:画像:AneCan発祥!押切もえがよくするちゅん顔とは?! | アヒル口はもう古い!【押切もえ】のキメ顔、AneCan発祥の【ちゅん顔】がブーム!の1枚目 | LAUGHY [ラフィ]

今年はAneCanが「ちゅん顔」なるものを流行らせようと提案しているのです。なんでも「優しげでピュアでキュート。ちゅん顔こそ旬の愛され顔」「実は笑顔よりかわいい顔としてブーム拡大中です!」とのことです。 出典:「アヒル口」「てへぺろ」の次は「ちゅん顔」が流行る!? | Fashionsnap.com

2013年の記事をGoogleで検索してみましたが、チュン顔の記事は「流行る?」と疑問形の言葉がよく使われていますし、ポーズは生まれたもの、そこまで流行らなかったのでしょう。

カッパ口(2013年 12月)

カッパ口とは、上唇で下唇を少し隠してV時の口のことをいいます。女優の能年玲奈さんがカッパ口をやったことで「V字口がかわいい」「カッパみたい」と注目を集めていたとのことです。

女性のかわいい口元の代名詞だった「アヒル口」に続く新勢力がじわじわと注目を集めているらしい。
その名も「カッパ口」。あの頭に皿を乗せた妖怪「河童」にちなんで付けられた名前だ。上くちびるを下くちびるにかぶせ、くちびるを少し内側に隠したようなV字の口を指すという。
出典:「アヒル口」の次は「カッパ口」ブーム? 元祖は鳥居みゆきか能年玲奈、トリンドル玲奈か

「ブーム?」や「らしい」と疑問形です。カッパ口のTwitterの投稿も数件ですので、ポーズは生まれたものの流行らなかったのでしょう。というかこのポーズって…(後述します)

歯痛ポーズ(2014年 夏~)

歯痛ポーズ

歯痛ポーズ(虫歯ポーズ)とは、頬に手を当てるポーズのことを言います。歯が痛いので頬に手を当てているように見えることがこのポーズの名前の由来です。

2014年8月、海外メディアは「このポーズで写真を撮るのが日本の最新ファッションになっている」と報じ、「日本のソーシャルメディア、ファッション雑誌の表紙で一世を風靡(ふうび)している」と伝えている。
出典:虫歯ポーズ(むしばぽーず)とは – コトバンク

Twitterでもよく女子がやっているのを見ましたので流行ったということでよいのではないでしょうか。新しい流行を生み出す為にこのポーズも終焉を迎えようとしています。

ちゅん顔 (2015年 夏~)

ちょっと前まで、自撮りといえば彼氏とキスする寸前のような、きゅっとしたキュートな唇が特徴の「アヒル口」が主流でした。しかしそんな流行も、今は昔。今、最旬のモテ女子の表情は、「ちゅん顔」なのです。

一体全体、ちゅん顔とはどんなものなのか?今回は自撮り界を賑わす新たな流行である「ちゅん顔」に迫ります!
出典:アヒル口の次はこれ!「ちゅん顔」自撮りでみんなのイイネ!をひとり占め♪ | nanapi [ナナピ]

大手サイトのnanapiの2015年7月の記事ですが、2013年に流行ると言われた「ちゅん顔」がここでまた浮上です!!名前を変えずに2年越しに出てきました。

ハムハムポーズ(2015年 秋~)

ハムハム口

夏ごろからポツポツ話題にはなっていましたが、ここ最近で女子大生を中心に流行っているというのがハムハムポーズです。この件に関しては筆者も記事を書きました。ハムハムポーズの説明については以下の記事をご覧ください。

アヒル口終了のお知らせ。次の流行のハムハムポーズとは?実際にやってみてもらった

てか、ハムハムポーズってよく考えたら…

カッパ口ですよね?(笑)

言い方変えただけですよね?カッパ口は名前が可愛らしくなかったのでしょうか?誰か

「カッパ口とハムハムポーズの違いとは」

みたいな記事書いてほしいです。とりあえずこれが最近のトレンドポーズです。

番外編: 魚口 (2015年10月 海外)

魚
日本ではまだ流行っていませんが、10月くらいに海外で流行っているとメディアに取り上げられたポーズです。

“魚口”とは、口を半開きにして、歯をちらっと見せるポーズ。2007年に女優のキーラ・ナイトレイ(30)が披露してから、徐々にこのポーズは広まってきたという。2015年現在、多くのセレブがイベントのフォトコール(メディア向けの写真撮影)などで、“魚口”を披露しており、ハリウッド業界では大流行中。
出典:「アヒル口」はもう古い!最新流行は「魚口」よ – ハリウッド : 日刊スポーツ

だそうです。アヒル口は狙いすぎた感がありすぎるが、「魚口」はより狙いすぎた感を抑えたポーズとのこと。

これはちょっと日本では流行りそうな気がしません…名前があまり可愛らしくないと思うのは筆者だけでしょうか?せめて「さかな口」と平仮名にすべきだったかと(笑)

ちなみにGoogleの画像検索で「魚口」で検索してみると…?

魚口 検索結果

お魚さんが沢山でてきました(笑)魚の口ばっかりで気持ち悪かったのでモザイクをかけておきます。まだ日本では流行っていません。

また、「魚口」を表す単語「fish gape」をここ1週間以内の投稿で画像検索してみると…

魚口

沢山、「魚口」の女性がでてきました。確かに海外では流行っているようですね。ちょっと日本人にはハードルが高そうなポーズな気もします。日本に上陸するのはまだまだ先の話かもしれません。

以上、海外情報の番外編でした。

これから、どのポーズが流行るか楽しみです

今回は2010年から現在までの流行りのポーズについて、一通りまとめてみました。

ここ最近でメディアで取り上げられているのが、ちゅん顔とハムハムポーズなので、これらでプリクラや写真を撮影しておけば最新の流行に乗っているといって言いのではないでしょうか?他にもニアチューポーズだの、サムポーズだの流行りそうなポーズは沢山あるのですが、筆者の中では「ちゅん顔」 VS 「ハムハムポーズ」ですね。どっちがより流行るか楽しみです。

そして歴史って繰り返すものなんですね。今まで筆者もこのブログで流行の記事をちょこちょこ書いていますが、解析してみると実はファッション系や雑談系の「流行」というのは1年前~2年前に流行るといわれたものや流行ったものが再度メディアに取り上げられて新たな「流行」と取扱われている傾向にあるんです。

みなさんも流行のポーズ、プリクラや自撮りをする際には、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク
This entry was posted in 流行.