Facebookに楽しい事は一切投稿するな!いや、そんな事ないでしょ

閲覧数:990 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
Facebook

LINEニュースにこんな記事が上がっていました。色々考えさせられる記事です。

Facebookに「楽しいことは一切投稿するな」 蛭子さんが助言 – LINE NEWS

「人間が知りたいのは他人の不幸だから、楽しいことは一切投稿するな」と助言されています。

となると一体、Facebookにはどんな内容を投稿すればよいのでしょうか?不幸な事を投稿すればよいのでしょうか?この意見に対してちょっと僕の意見も書いて見ようかなと思いましたので、つらつらと書いてみます。

確かに友達の楽しいアピールには、さほど興味が出ない

無視する猫

だいたい、今日これ食べたとか、どこに行ったとか、うちのネコちゃんがかわいいとか、要するに「私、楽しい人生を送ってます」というアピールでしょ??そんなもん誰も知りたくないし、どうでもいい。

うん、正直どうでもいいです。筆者もこういう投稿の内容自体にはそこまで興味がないというのが正直な気持ちです。でも友達の楽しい投稿を見ると

「幸せでいいですなぁ、僕も幸せになりたいなぁ」
「楽しそうでいいですなぁ、僕も楽しい日々を送りたいなぁ」

という気持ちにはなります。これはこれでいいのではないかと思います。人生頑張ろうと思えますので。少なくとも嫌な気持ちにはなりません。

試しに楽しい事を一切投稿せずに、不幸やネガティブ系の投稿ばかりをしたとする

 

今日も仕事残業でしんどかった…休日も仕事やねんけど…
担任の○○、メッチャうざいんですけど。マジ死ねよ
身内に不幸がありました。今日お葬式に行ってきます。
わい、クスリやりすぎてガグブル止まらない…

ちょっと最後だけ、なんとなく震えてみました。

いや、怖ぇよ(笑)

こんなSNS見たくないですよ。見ててしんどくなりますよ。こういうのはどちらかというとFacebookではなく掲示板にスレッドを立てて話が盛り上がる内容なんじゃないでしょうか?(だからといって人を中傷するようなことばかりを掲示板に書けと言っている訳ではないですよ)

そもそもFacebookにはコメント意外のアクションが「いいね!」と「シェア」しかないのに、不幸な投稿に対してとりあえず「いいね!」しとけばいいんでしょうかとなります。これはちょっと投稿する場所を間違えている気がします。

ネガティブな投稿は、友達の気持ちもネガティブにする

落ち込む男性

みんな、嫌われるんじゃないかとか、友達だからとか、考えすぎです。他人にどう思われたっていいじゃないですか。

まあ確かにこれもその通りだと思います。周りの目を気にしていたら何もできないですからね。ですがこれはあくまで自分がどう思われたっていいという話であって、閲覧者がネガティブな投稿によってどういう気持ちになるかという部分が欠けているのでは?と思います。

SNSでのネガティブ発言、ちょいと待ちなはれ

筆者が1年くらい前に書いた記事ですが、ネガティブな投稿は友達もネガティブな気持ちになるという記事です。実際にFacebookがユーザーの投稿を解析して数値として出ている結果です。人の感情は相手にも伝染します。だからネガティブな投稿は、友達もネガティブな気持ちにさせます。

見たくなくても友達のニュースフィードに勝手に流れてしまうFacebookに、たまにネガティブ投稿があってよいとしてもネガティブな投稿ばかりをすべきではないかと。

では、Facebookには一体何を投稿すればいいのか?

楽しむ

今日これ食べたとか、どこに行ったとか楽しかったことを投稿すればよいのではないでしょうか?

「自慢するためにSNSやるんやから」

冒頭に挙げた記事に対してのネットの意見ですが本当にこの通りですよ。普通に使うのであればFacebookは自分の生活の自慢をして、その投稿に対して友達からコメントを貰ってコミュニケーションを取るというSNSですって。

まとめ

今日はこれを食べた、どこに行った、結婚しましたなど、楽しかった事や幸せを友達に共有する場所が「Facebook」というSNSではないかと筆者は思います。

「他人の不幸で今日もメシウマ」という投稿を見たければ、そういう投稿が集まった所で見ればいいでしょうし。だからFacebookには楽しい投稿をすればOKかと。

最後に覚えておいてほしいのが、どんな投稿であってもFacebookに投稿した内容は友達であったり、職場の人であったり、色んな人が見ているという事を忘れないでくださいね。

スポンサーリンク