連絡先をSNSで気軽に教えるのは危険!あなたも乗っ取りの対象に!

閲覧数:12,784 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
SNS

「電話帳のデータが全部消えちゃいました。電話番号とメールアドレス送ってください」

SNSのタイムラインのコメント、または直接ソーシャルメディアを使用したメッセージでこのような内容が送られてくることがあります。
みなさん、ちょっと待ってください。
素直に連絡先を教えたら、もしかしたらアカウントの乗っ取りの被害にあうかもしれませんよ。

乗っ取りはなぜ起きてしまうのか?


 

少し前に有名になった「LINE乗っ取り事件」がありますね。

正直、どのような手口を使って乗っ取ったの詳細までは知りませんが、Facebook経由での乗っ取りというものあります。

対策後も続くLINEの乗っ取り被害、Facebookを経由した手口にも要注意

現在、LINEはPINコードの設定が必須化となっていますが、それでも防ぎきれていないのが現状です。
未設定の方は電話番号の下4桁が自動的に設定されていることがあるそうです。

もし、あなたがLINEの設定を以下のように設定していたとしましょう。

  • メールアドレス:携帯のアドレス
  • パスワード:電話番号
  • PINコード:初期のまま(電話番号下4桁)

もし、ホイホイと自分の「電話番号」と「メールアドレス」を教えてしまったとしましょう。
これであなたも、乗っ取りの被害にあう対象になってしまう訳です。

ちょっと疑いすきではないの?


スパム

そんなことはありません。そういう時代になってしまったのです。
別に本人を疑っている訳ではなく、アカウントを疑っているのです。

疑わないから乗っ取りの被害が実際に起きている訳です。

今は流行っているかは分かりませんが、個人名を使用したFacebookのなりすましアカウントでの友達申請というものがありました。

Facebookでなりすまし友人申請に注意 3人以上承認するとアカウント乗っ取りのおそれも

このなりすましが流行った時はプロフィール写真は設定されていませんでしたが、今後は公開されているFacebookの写真を使用したなりすましがでてくるかもしれません。
乗っ取りを考えている人間はありとあらゆる手段を使いますよ。

では「連絡先を教えて」と言われた時はどうすればいいの?


LINEで電話帳を教えてと言われる

乗っ取りでなかった場合、電話帳データが消えた本人さんは本当に困っているのでしょう。ですので無視という訳にはいきません。

ここであなたと、その人しか知らない質問を投げるのです。ひとつ、ふたつはあるかと思います。
ネットバンキングでパスワードを忘れた時にでてくるヒミツの質問と同じです。本人であれば必ず答えられるはずです。

  • 小学校6年生の時の担任の名前は?
  • 僕(私)と始めてどこで知り合ったか?

などでいいのではないでしょうか。但し、意味のない質問もあります。

  • わたしのフルネーム言えます?
  • 私の通っている学校わかります?

犯人がFacebookを乗っ取っていた場合、職場、通っていた学校を設定していればFacebookをみれば分かります。ですので上記のような質問は意味がありません。

ネット上に挙がっていない質問を投げましょう。

変な奴と思われるのが嫌なら、質問を投げる前にでも「最近乗っ取りの被害が多いからちょっと質問させて」とでも言えばいいのです。
返答に戸惑うようであれば、友達のアカウントが乗っ取られたことを疑ってください。

まとめ


乗っ取りに使われる手段は様々です。
少なくともSNS上で「連絡先を教えて」と言われてすぐに個人情報を漏らしてしまうのは危険です。
ソーシャルアカウントは本人ではなく、あくまで写真と名前がセットになったログインするためのただの権利です。
乗っ取りの被害が日常茶飯事起きる今のご時世、まず「疑う」ということを忘れないでください。

連絡先が消えてしまってどうしようもないという方は、今後はクラウドを使用した電話帳のバックアップも検討してみてください。

過去記事:クラウドを利用して、電話帳の同期をとろう!!

スポンサーリンク
This entry was posted in SNS.