将来の夢

閲覧数:85 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
覚書

たむら@cotteriです。今日はどちらかというと覚書なので、覚書カテゴリで。

筆者が6年半続けたソフトウェア会社を退職した理由です。

:-)

なんか長くなりそうなのでやっぱり記事を分けます(笑)
まずは子供の頃の将来の夢について書きましょう。
ちょっと子供のころから現在に至るまでの夢についてざっくり生い立ちを紹介しながら列挙します。

 

幼稚園


「絵描き」

迷路を描くのが好きだったので、多分そうなんじゃないかなと思います。ひたすら書いていました。
さすがにこの時の将来の夢はうろ覚えです…

 

小学校


「空手のできる小室哲也」

文集にそう書いてるはずです。
ちょっとパッとみこれだけ書くと意味が分からないですね。

僕は空手黒帯(※)です。
小学生の頃は教室においてあった先生のアコギをよくポロロンと弾いてました。
学芸発表会ではギター弾きましたね(笑)いい思い出です。
この時は音楽でお金を稼ぐどうこう抜きにして、音楽が好きでした。

この頃はGlobeの小室哲也さんが大好きでした。

ということで「空手のできる小室哲也」です。

(※)小さい流派だけど全国大会で2回優勝して金メダルもってるよん♪

 

中学校


「ハッカー」

この頃はまだあまりハッカーが何ができるか分かっていなかったんですけど、なんかハッキングしたかったらしい。
ハッキング=プログラマと勘違いしていた。なのでプログラミングの授業がある高校に入学しようと思った。

そういえば中2の時にいじめられて一時期登校拒否かましてたな。3年間皆勤賞狙ってたんやけどな…
まあ、今となっちゃあ笑い話やけど(笑)

 

高校


「アーティスト」

GLAYに無茶苦茶はまって、俺はTAKUROさんみたいなギタリストになる!!
とほざいていた。なので音楽の専門学校に行かせてもらった。ホンマに親には感謝している。
これがなかったら、いま僕は大阪に住んでいない。
ちなみに高校は3年間無遅刻・無欠席・無早退の皆勤ですよ^^

このときの卒業文集に書いた内容は「ビッグになる!!」

 

専門学校


「ギャンブラー」

あほみたいにギャンブルにはまって、スロットで飯食っていくとか思っていた。
今考えたら、無理に決まってるやん。学校欠席しまくり。卒業できてよかった。

 

社会人


「プログラマ」

スロットのシステム開発をしたくて、プログラマになった。
この頃は組み込み系だとかオープン系だとかまったくわかっていなかったし、どうやって作るかも分からなかった。
まず、商品になるソフトの作り方が理解できていなかった。

 

現在


ナ・イ・ショ♪

次回の記事に書く予定。
出し惜しみですな(笑)

 

まとめ


 

まああれですな。

夢どんだけ変わんねん(笑)

でも、ここで自分の分析ができましたね。

「飽き性だけど、一つのことに熱中できる男」

です。

 

そんな筆者の歴史はこちらから 😀
そんな筆者の現在のプロフィールははこちらから 😀

 

To be continued…

スポンサーリンク
This entry was posted in 覚書.