どうしても検索結果に著者情報が表示されない場合

閲覧数:20 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
SEO

本日(といいつつ日付が変わってしまいましたが…)退職しました、たむら@cotteriです。
今日の退職について書きたかったのですが、それはまた落ち着いたら纏めます。やっと著者情報がのりましたので^^

2014年8月29日追記:

著者名の表示も2014年8月29日(米国時間8/28)にgoogleが廃止しました。詳しくはこちらをお読みください。

~Google、検索結果に表示していた著者名表示の廃止が決定~

 

こんな方は読んでみて下さい


著者情報表示の設定を正しく行った上で「著者名」が数か月たっても表示されない方を対象としています。(そんなの筆者だけでしょうか…?)
著者情報の表示方法、表示されないケースについては以下のサイトさんを参考にさせていただきました。
詳しく記載されていますのでこちらをご覧ください。

  • ~ Googleの検索結果画面に著者情報を表示させる方法 ~

http://www.akagami.jp/seo/google-author-information.html

  • ~ 著者情報が表示されない理由を考えてみる!~

http://wp-technique.com/google-author-regist/

 

事前知識


「著者名」の部分を強調しましたが、米Googleは2014年6月25日に検索結果で著者情報を表示する「Authorship Program」でのプロフィール写真の表示を終了すると発表しました。

以前は、こんな感じで顔写真がでていましたが、現在は著者名しか表示されません。

privatesearch

(※)既に表示する術がないのでGoogle+の投稿の検索結果の写真を載せています。以前であれば、著者情報の横にこんな感じで写真が表示されていました

 

筆者の設定が間違っていたのが原因なのか?


サイトを運用し始めた1ヶ月前くらいから「構造化データテストツール」で設定完了とはなっていたのですが、表示されませんでした。

だいたい2~3日で表示されるようになるといろんなサイトに書いてあったんですが… 😐

log
プロフィール写真も認識しやすいものに変更してみましたが、表示されないままでした。
そこから本日まで著者情報に影響する設定は変更していません。

 

筆者のサイトが表示されなかった理由を考えてみた


「著者情報が表示されない理由を考えてみる!」に記載されている、「コンテンツの質が低い!」が該当したのではないでしょうか。
以下、googleのサポートページにも記載されています。ウェブマスターツールのヘルプからの引用です。

 

検索結果に著者情報が表示されるのは、ユーザーに役立つと Google で判断された場合のみです。

 

googleさんひどいです…まあそりゃ大した記事書いてないですが… 😳

 

どうやって表示されるようになったか?


 

では筆者の場合で表示されるようになったであろう一番の要因を記載します。

Google AdSenseの審査に通った本日から表示されるようになりました。

表示されるようになったタイミングがあまりにも一致しすぎています。

「AdSenseの審査に通った ≒  コンテンツの質が認められた」ということなのでしょうか?

その他表示されるようになった時のGoogle Analyticsのアクセス解析の結果を載せておきますので参考にしてください。
アクセス数がほとんどないので恥ずかしいですが…

【5月~6月の1か月の統計】

  • セッション 223
  • ユーザー 66
  • ページビュー数 1,374
  • ページ/セッション 6.16
  • 平均セッション時間 00:12:53
  • 直帰率 40.36%
  • 新規セッション率 25.11%
  • 記事投稿数 43

 

まとめ


Googleの著者情報表示のアルゴリズムが公開されていませんので、正直なにが原因かははっきりとして分かりませんが、Google アドセンスの審査に通った日から表示されるようになったのは事実です。
もし、筆者のように設定は何も間違っていないのに、なにをやっても表示されない方は、Google AdSenseの登録をしてみてはいかがでしょうか。試してみる価値はあるかと思います。
筆者の場合は申請してから、1次審査~2次審査を通るまで2日かかりました。

Google AdSenseの申請方法はこちらに詳しく載っています。

 

参考になりましたら、幸いです :-)

スポンサーリンク
This entry was posted in SEO.