【体験談】転職サイト・求人サイトでやりたい仕事を探すときのコツ

閲覧数:220 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
仕事

「なかなか求人サイトで自分が働きたい仕事を見つけられない」
「これから転職サイトに登録して転職先の企業を決めよう」

と思っている方へ。今回は筆者が実際に転職・求人サイトを使って仕事を探した時に

「もっと早くこうしておけば、良い仕事に巡り合えていたな」

というポイントを踏まえて転職サイトを利用して仕事を探す時のコツをまとめてみました。転職サイトを利用して仕事を探そうと思っている方は是非参考にしてみてください。

複数の転職サイトに登録して仕事を探した方が、やりたい仕事を見つけやすい

複数の画像

複数の転職サイトに登録しておいた方がより沢山の求人を見つける事ができるので就職につながる可能性がグっと上がります。

企業側も転職サイトにお金を払って求人サイトに求人情報を掲載しています。求人募集に沢山お金をかける事ができる企業であれば複数の求人サイトに掲載依頼を出している可能性もありますが、そうでない企業の場合、求人を出している転職サイトに登録しておかないとその企業の求人を逃してしまう事になります。つまり登録している転職・求人サイトでしか見つけられない求人があるということです。

以下の記事に特徴別に転職サイトを纏めましたので是非参考にしてみてください。

転職サイトはどこがおすすめ?特徴別に人気の求人サイト一覧から転職・就職先を探す

スカウト機能がある転職サイトであればスカウト機能を利用する

スカウト機能

スカウト機能とは、転職サイトにWeb上の履歴書・レジュメを作成・登録して、企業側からの求人オファーを受け取ることができる機能です。待っているだけでも希望職種の求人情報を受け取ることができます。オファーの中には書類選考が免除されて直接面接が可能になる場合もあるので、スカウト機能が使える転職サイトであれば利用されることをおすすめします。

関連記事

退職してから転職先を探すのではなく、退職する前に転職先を探しておく

退職してから転職先を探した場合、なかなか転職先が見つからなく生活費が苦しくなってきたら「本当にやりたい仕事を見つける」気持ちよりも、「生活の為に仕事を探さなければ」という気持ちになり本来就きたかった仕事を見つける事が困難になります。

また、在職中に転職先を探しているのであれば希望年収の交渉を行いやすいですが、退職して暫くたってからの応募だと給与交渉がやりづらくなります。これは単純に

「生活の事もあるだろうし、今仕事をしていないのであれば多少給与を下げても働いてくれるだろう」

という状況が作られてしまうからです。企業側からしたら人件費はなるべく抑えて働いてほしいですからね。年収アップ、キャリアアップを狙っての転職であれば間違いなく退職前から仕事を探しておくべきです。

また退職前から転職サイトでどのような求人があるかを把握しておいた方が、面接を受ける企業の選択肢も増えます。転職先を決める際は、退職後ではなく退職前から探しておく事をおすすめします。

少しでも気になった求人があれば積極的に応募する

必勝ゆかちぃ

これは当然のことなのですが、転職サイトに登録しても求人を見ているだけでは就職先は決まりません。数ある求人の中から、時間をかけて応募する企業を十二分に選定してから、いざ応募してみても受かるとは限りません。

また、Web上に記載されているものが全てではなく、実際に面接にいってみないと分からない事も沢山あります。企業によってはWeb上に公開しにくい業務内容もあるのでWeb上に全ての情報が載っている訳ではありません。面接でないと聞けない情報もあるので、まずは少しでも気になったら応募して面接に辿り着くことが大事です。

さいごに

どのポイントも転職サイトを利用して仕事を探す時の当たり前の事なのかもしれません。ですが、いざ実際に仕事を探してみると求人情報を見てばかりで時間だけが過ぎていき行動が億劫になってしまうことさえあります。

転職・求人サイトを利用して仕事を探す場合は、求人情報ばかり見ているだけではなく、少しでも気になったらまずは行動してみる事が大事です。この事だけは忘れないでくださいね。

スポンサーリンク
This entry was posted in 仕事.