法人・事業者なら抑えておきたいマイナンバー管理ソフト

閲覧数:220 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
仕事

従業員を雇用しているすべての法人、及び事業者は従業員のマイナンバーの管理が必要となりました。企業は社員から徴収したマイナンバーを保管・破棄まで安全に管理する必要があります。

「マイナンバーの漏えい時の重い罰則が怖い…」
「個人情報を取り扱うのって難しそう…」
「具体的にマイナンバーってどうやって管理すればよいの?」

と心配されている事業主の方もいらっしゃるかもしれません。

マイナンバー管理のリスク・コストを抑えるひとつの方法として、クラウドを利用してマイナンバーを管理するという方法があります。

クラウド型とは?クラウド型マイナンバー管理ソフトを利用するメリット

クラウド型とは、ご使用のパソコンにデータを直接保存するのではなく、ネットワーク上にデータを保存・管理するソフトの事を指します。

昨今では

など、多数のクラウド型のソフトが世の中に出回っており、利用者も増えている傾向にあります。

また、使用しているパソコンの環境に依存しないので、Mac, Windows, Linuxなど、どのOSでも使用できます


クラウドで管理するサービスでマイナンバーを管理する事で、

  • マイナンバーを保管している棚の鍵の閉め忘れによる、人的ミスによる情報漏えいリスクの削減
  • 管理者であれば、いつも作業しているパソコン以外からでもデータの閲覧が可能
  • 個人情報保護法における、物理的安全管理措置、技術的安全管理措置の部分はクラウドソフトでカバーできる

など、さまざまなメリットが挙げられます。

物理的安全管理措置とは、入退館(室)の管理、個人データの盗難の防止等の措置をいう。物理的安全管理措置には以下の事項が含まれる

  1. 入退館(室)管理の実施
  2. 盗難等の防止
  3. 機器・装置等の物理的な保護

出典:厚生労働省

技術的安全管理措置とは、個人データ及びそれを取り扱う情報システムへのアクセス制御、不正ソフトウェア対策、情報システムの監視等、個人データに対する技術的な安全管理措置をいう。技術的安全管理措置には、以下の事項が含まれる。

  1. 個人データへのアクセスにおける識別と認証
  2. 個人データへのアクセス制御
  3. 個人データへのアクセス権限の管理
  4. 個人データのアクセスの記録
  5. 個人データを取り扱う情報システムについての不正ソフトウェア対策
  6. 個人データの移送・送信時の対策
  7. 個人データを取り扱う情報システムの動作確認時の対策
  8. 個人データを取り扱う情報システムの監視

出典:厚生労働省

おすすめのクラウド型マイナンバー管理ソフト

マイナンバー管理 freee

マイナンバー管理 freee

マイナンバー管理 freee

確定申告、マイナンバー、個人事業主向け記事などを提供する「経営ハッカー」も運営する、株式会社 freeeが提供するクラウド型マイナンバー管理ソフト。

低コストで導入でき、番号の収集から利用までクラウド上で完結します。中小企業におすすめです。また、登録すると以下の、3つの特典が貰えます。

  • マイナンバーについて徹底解説した「マイナンバーガイド」
  • 従業員に配ってマイナンバーの周知・教育に使える「従業員向けガイド」
  • 専門家による、50分にわたる「マイナンバー解説セミナー動画」

マイナンバー管理 freee 料金表

プラン
料金
会計/給与ソフトをご利用中の方無料
単体980円

価格は税込み価格です。また、同社がリリースしている

のいずれかの会計/給与ソフトをご利用中の方は、このソフトの利用料金は無料です。

マイナンバー管理 freee の詳細を確認する

MFクラウドマイナンバー

MF クラウドマイナンバー

MFクラウドマイナンバー

家計簿アプリ「マネーフォワード」をリリースしている、株式会社マネーフォワードが提供するクラウド型マイナンバー管理ソフト。

従業員数ごとに対応したプランがあるので、中小企業~大企業まで幅広く対応しています。

MFクラウドマイナンバー 料金表

プラン内容料金
お試しプラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ1名まで登録可能
(合計最大2名)
無料
Max 10プラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ10名まで登録可能
(合計最大20名)
980円/月
Max 30プラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ30名まで登録可能
(合計最大60名)
2,940円/月
Max 50プラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ50名まで登録可能
(合計最大100名)
4,900円/月
Max 100プラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ100名まで登録可能
(合計最大200名)
9,800円/月
Over 100プラン従業員、その他それぞれ無制限に登録可能100名ごとに9,800円/月

お試しプランであれば無料で利用可能です。(各プランは税別料金)

MFクラウドマイナンバーの詳細を確認する

作業するパソコンのウイルス対策も万全に行っておきましょう

クラウド上で管理するとはいえ、作業するパソコンや、社内のネットワーク上のパソコンのセキュリティ対策が不完全であれば、管理アカウントのパスワードが盗まれる可能性も無きにしも非ずです。

クラウド上で管理する、社内のパソコンで管理する問わず、トレンドマイクロ 「ウイルスバスタークラウド」や、シマンテック 「Norton (ノートン)」 などのウイルス対策ソフトを導入するなどして、セキュリティ対策は万全に行っておきましょう。

さいごに

今後、企業・事業主は順次、マイナンバーの管理が必要になってきます。

慌てて対応するのではなく、リスクとコストを抑えた管理方法を十分に考えて、実施する必要がありますね。参考になりましたら幸いです。

マイナンバー管理 freee

MFクラウドマイナンバー

スポンサーリンク
This entry was posted in 仕事.