タイムリーな記事はアクセス数アップに繋がるのか?

閲覧数:152 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
ブログの知識

ブログで集客を増やす方法として、タイムリーな記事を書く方法はみなさん試されたことがあるかと思います。
一つの例でいくと、マスメディアで報道された時事問題を書いて見るというものです。

ここで記述速度を重視して、SEOを意識したHTML記述は無視して記事を一つ書いて見ました。

 

どんな記事を書いてみたのか?


靴下

書いた記事は情報バラエティー番組で報道された「2014年はルーズソックス再来」というものです。
速攻インターネットで情報を集めて1時間以内には投稿しました。

 

実際にアクセスは増えたのか?


リアルタイム解析4

Google(ユニバーサル)アナリティクスを使用したリアルタイムなアクセス結果です。

結果は、1分以内に検索サイトを使用した、瞬間アクセスは20人超でした。

1日の閲覧ユーザ数
ですが、1日かけて50人満たないくらいです。

瞬間的なアクセスはありましたが、1日通してではほぼアクセスがありません。
推測するに、同じようにこのような記事を書こうとした方がインターネットで調べて来られた可能性が高いですね。

 

まとめ


  • 瞬間的なアクセスは増えますが、今後の集客の期待は望めません
  • 早く書くことに意識が行ってしまい、コンテンツの内容が薄くなりがちになってしまうのでおススメしません。
  • 大手のニュースサイトや多数のブロガーがこういう記事は書くので、競争率が激しいです。一般人向けではないと思います。

時事問題を扱うよりかは、永続的にユーザにとって意味がある記事を書いて検索でのアクセスを狙うことを筆者はお勧めします。

スポンサーリンク