モテない理由はそこにあった!もてない男の10ヶ条

閲覧数:2,017 views

あなたが今、読んでいるカテゴリー:
恋愛

男性、誰しも、女性に好意を持ってもらいたいですよね。

モテたければ、逆にモテない理由をしっておけばいいのです。では、ここで「もてない男の10ヶ条」についてまとめたいと思います。女の子の友達に聞いた実際の意見も取り入れていますのでだいたい的を射てるはずです。それではいきます。

モテない男の10ヶ条

見た目がチャラ男

チャラ男

今の時代、やっぱなんだかんだで黒髪、短髪がいいらしいですよ。
こんな見た目してたら、「おめぇホストかよ!!石器時代に帰れ!!」ってなります。
まあ、これはちょっとこれは王道すぎる条件ですかね…

自分が大好きなやつ

自分が大好きで自撮りする男

自分で自分の写メとって「今日俺どうよ!?」っていってるようなのは、若いころは容姿が良ければそれでモテるかもしれませんが、それは若いうちだけです。
こういう人は自分視点でしか考えられない人が当てはまると思います。仕事でやるしかないのであればしょうがないとして、仕事でもないのに一般人がやっていたら女子はひきます。

仮にそれでうまくいったとしてもそれは「あなたの容姿」を好きになってくれただけで「あなたの中身」を好きになってもらった訳ではありません。

「好き好き」言い過ぎない

好き好きといって構ってもらえない

いくらあなたがその子のことを好きでも、頻繁に好き好きいわれりゃ女の子だって飽きます。言葉に重みがなくなります。毎日カレー食ってたらあきるでしょ。3ヶ月に1回くらい伝えるのがいいらしいですよ。クール○コさんじゃないですけど

「男は黙って」

「態度で表せ!」

ですよ。

タイミングがわるい

赤信号
自分都合をゴリ押しで、予定を組もうとするような人はモテないということです。「あなたの都合」で予定を組むのではなく「相手のことを考えて予定を組む」という風にしたらいいんでないでしょうか。

デートに行くときに自分にとって有利なお店しか選ばない

賑やかなお店

あなたが賑やかなお店が得意だったとしても、相手はそういうお店は嫌いかもしれません。この時点で

「ああ、この人と付き合ったらこんなお店ばっかり行くことになるんだな」

となってしまいます。相手のことを考えてお店を選びましょう。「こんなお店しってもらいたい」という気持ちでも、それは付き合ってからやるべきことです。

プレゼントが重い

10kgの重り

知り合って間もないのに、いきなり重いプレゼントをもらっても困ります。あなたが、いくらその子のことを思っていても、そんなプレゼント貰った日には、相手がどうしたらよいか戸惑ってしまいます。筆者の場合は渡せずじまいでしたし(笑)そういうのは付き合ってから渡しましょう。

お菓子程度の形に残らないプレゼントであれば女子は素直に嬉しいとのことです。

結論を急ぎすぎる

急ぐ人

女の子はこういうところ鋭いですよ。

「私のことが好きなんじゃなくて、こいつ私の体目当てじゃない?」

って思われますよ。

女の子の友達がおおい

girl

やっぱり女の子は自分が特別と思ってもらいたいものです。

「この人誰にでも優しいし、私もその中の一人なんでしょ」

となりかねないです。友達が多いのが問題ではなく、もしモテたいのであれば、あまりおおっぴらにしないようにしましょう。知らぬが仏という言葉がありますよね。

モテたい、モテたい言ってる奴

モテたいと連呼する男

「モテるか!!!」

とツッコミ入れたくなります 。

「私じゃなくても、誰でもいいんでしょ」

となるに決まってるじゃないですか。こんなこと言ってる間は絶対モテません。

マニュアル男子はもてない

よく調べる男

ここまでモテないことについて語っておいてそれはないのでは?と思われるかもしれませんが…
女子はマニュアルに載っているようなことされると、モテたいオーラがですぎてて駄目らしいです。自然体でいきましょう。

まとめ

「モテない男の10ヶ条」を書いて見ましたが、矛盾だらけですね。恋愛なんかそんなものです。女の子に好意をもってもらえるようにコントロールして接することができる人など、よっぽど心理戦ができる人かホストくらいじゃないでしょうか?

「この10ヶ条で纏めたことを意識せずに、自然体でいる人がモテるんじゃないかな」

と筆者は思います。元も子もないことをいいますが、「モテたいモテたい」思ってたらモテないということです。

恋愛は考えすぎないほうがうまくいくと思いますよ。

スポンサーリンク
This entry was posted in 恋愛.